お問い合わせ

スムーズな出産に向けて〜マタニティヨーガ〜

日浅産婦人科医院の想い ページトップへ戻る

理念

妊婦さんに最も益のある自然出産法としてアクティブ・バースを導入し、その実践と安全を最大の努力目標とします。
医療現場で何が行われ、その結果がどうなっているのか情報公開を行っていきます。
鉗子分娩・骨盤位分娩の医術を用いて帝王切開を減少させます。
インフォームドコンセントの実践。医療行為・処置に関して患者さんに十分説明し、納得していただけるよう心がけます。
新しい医療技術・知識を習得するための努力を惜しみません。
医師として自立するまで育てて頂いた環境に感謝し、それを医療の形で還元していきます。
太陽エネルギーを利用し、環境にも優しい医院をめざします。
当院が今後とも医療活動の場として継続されていくよう、スタッフ一同切磋琢磨します。

お産に対する考え方

散歩・ヨーガを基本とした自然出産であるアクティブ・バースを採用します。
(「アクティブ・バース」の項を参照)
陣痛がきて入院してからもヨーガ・入浴・お灸・アロママッサージ・安産コース・温足浴・散歩などで自然出産に導きます。
フリースタイル分娩
分娩監視装置を多用しません。
不必要な浣腸・剃毛をしません。
陣痛促進剤をほとんど使いません。
会陰切開を多用しません。
さかご・前回帝王切開の場合、経膣分娩を試みます。(「さかご」・「前回帝王切開」の項を参照)
予定日を過ぎても陣痛誘発をしません。(「過期妊娠」の項を参照)
機械的な処置(吸引・鉗子分娩・帝王切開)が必要な場合は立合いを勧めます。

自然出産医の特徴

フリースタイル分娩をしている(基本的に分娩台でお産をしない)
帝王切開が少ない。
産科医療の結果(実績)を情報公開している
あまり早産止めの薬を処方しない
よく動くことをすすめる
めったに安静を言い渡さない

ページトップへ戻る