病院ご案内

スムーズな出産に向けて〜マタニティヨーガ〜

お産について ページトップへ戻る

アクティブバース

当院の出産法はアクティブバースという自然出産です。命の声をききながら自然に生活し、体をよく動かし、ヨーガに取りくみ、体重増加を抑え、お産を迎えることです。
そうすることにより、体全体が柔らかくなり(不思議に心もリラックスし)、骨盤底が開き、安産しやすい状態となります。その自然出産法をヨーガを中心にして体系的にあらわしたのがアクティブバースです。
詳しくは、著書『目でみるアクティブバース』(当院受付にて購入可)を参照してください。

おすすめの書籍

みなさん、たくさんの不安と疑問をもって妊娠期間を過ごされていると思います。
「妊婦検診で何をきけばいいんだろう」「自然出産って何?」「お産についてもっと知りたい」
そんな疑問にお役にたてるような書籍を選びました。
一部書籍は当院でも販売していますので、お気軽にお問い合わせください。

【当院おすすめの書籍】
『ニュー・アクティブ・バース』
ジャネット バラスカス/著 佐藤由美子 ほか/訳 現代書館(1993)
『WHOの59カ条 お産のケア 実践ガイド』
戸田律子/訳 農山漁村文化協会(1997)
『分娩台よ、さようなら』
大野明子/著 メディカ出版(1999)
『お産と生きる』
大野明子/著 メディカ出版(2009)
『お産!このいのちの神秘』
吉村正/著 春秋社(2003)
『お産って自然でなくっちゃね』
吉村正/著 農山漁村文化協会(1993)
『「幸せなお産」が日本を変える』
吉村正/著 講談社 (2008)
『病院出産が子どもをおかしくする』
奥村紀一/著 洋泉社(2008)
『目でみるアクティブバース』
日浅毅/著 (絶版・当院受付にて購入可)
『ナチュラルバース通信』
当院発行冊子(年に3回発行・当院受付にて購入可)
【論文】
『ペリネイタルケア (Vol.26No.9)』
(特集)今日から取り組むフリースタイル分娩
日浅毅/著 メディカ出版(2007)
『ペリネイタルケア (Vol.29No.6)』
医療施設での実践例・ アクティブバース
越智毅/著 メディカ出版(2010)
『妊産婦と赤ちゃんケア 2010年1・2月号』
(特集1)アクティブバースの実践
越智毅/著 日総研(2010)

ページトップへ戻る

マタニティヨーガ ページトップへ戻る

マタニティヨーガは、アクティブバースの根幹をなすもので、 妊婦に必要な体操、呼吸法、瞑想などが系統的にまとめられています。
当院ではマタニティーヨーガ教室を行っています。

開催日等についてはこちらをご覧ください。

スムーズな出産に向けて〜マタニティヨーガ〜

マタニティヨーガに期待できること

・ 骨盤底を開く。
骨盤底が閉じている 骨盤底が閉じている
骨盤底が閉じている    骨盤底が閉じている

・体の動きをスムーズにし、関節の自由度が増し、筋肉の伸展がよくなる。
・帝王切開予定の妊婦(特に肥満妊婦の場合)の術後、または肥満妊婦の経腟分娩後における
 血栓性静脈炎・肺塞栓症の予防。
・ふくらはぎのつり予防。
・自律神経系統の鍛練。関節・筋肉のストレッチや、深い呼吸で得られる腹式呼吸法の習得。
・腟、肛門を締める。
・将来の更年期にも有効。
・呼吸法が自然に身につき、分娩時に実行できる。
・帝王切開率の減少。
・難産・出血の減少。
・分娩時間の短縮。
・肩こり・腰痛・筋肉のつりの予防・改善。
・尿失禁の予防と治療。
・産後の回復が早い。

ページトップへ戻る

育児のポイント ページトップへ戻る

子供の成長は、生後3年が大切です。その期間の中で更に重要なのは、生後1年間です。
生後1年間の過ごし方のうち、日本人が知らない簡単で重要な2つのポイントを紹介します。

ベビーマッサージ

皮膚をマッサージし刺激を与え、脳にその刺激を伝え、脳の機能を高めます。それにより、脳の働きがよくなります。特に足裏のマッサージは大切です。

うつ伏せタイム

うつ伏せで睡眠させる事は、いけない事とされています。しかし、5分でも20分でもうつ伏せをさせ、あやすのはアメリカでも推奨されています。うつ伏せにすることにより手も足もよく動き、頭を持ち上げ首も背筋も強くなり、運動能力が発達します。頭の形もよくなります。

ページトップへ戻る